こりえんぬ

お気に入りたち☆

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Musician's Choice Tablo

2009.03.23

category : Epik High



Epik Highの実力派リーダー、タブロ
メッセージ伝達力のすばらしいアルバムたち
彼らだけの音楽ととまることのない主張で国内ヒップホップをリードしている
Epik Highタブロの推薦音楽にあってみます

NAVER MUSIC
★ラグビーボール哲学を持ったミュージシャン,
      タプロの 'メッセージ伝達力がすぐれたアルバムたち'


軽いが '何か' あるようで,放送スターとして活躍するにもミュージシャンの立地を逃さないコインの両面のようなイメージ.Epik HIghはどこに飛ぶか分からないラグビーボールのようにさっぱり行方の想像のつかぬグループだ.特にタプロ(本名イソヌン・29)はこのコインの両面イメージを音楽に最大限投映させることで水の中の魚のような新鮮さを常に抱きしめている.明るいリズムの音楽で大衆の旋風的な人気を呼ぶを恐れ,すぐに暗い音楽で転換させる能力はタプロのラグビーボールのような哲学をひと目に読みとれるところでもある.しかし彼は混沌の中でも秩序を失うことがない.したい事が多くて開かれた仕事が多いだけ,それを消化して凝集させる一貫性と集中力は卓越だ.それでEpik Highをヒップホップグループで定義することに対してタプローは "No"と返事する.彼は "他のジャンルも上手なヒップホップグループではなく,ヒップホップも上手な他ジャンルグループ"と定義してくれと言った.

彼が選択した 'Musician's Choice'のタイトルは 'メッセージ伝達力がすぐれたアルバムたち'だ."音楽を聞く時,一アルバムが確固なメッセージを伝達するのを願います.私が選択した 5枚のアルバムは皆一つの一貫されたメッセージを持っているし,同時に現実性ある歌詞を表現していると思うんですよ.私が歌詞を書くにも,こんな音楽たちから影響をたくさん受けました." タプロが言ったとおり,選曲された 5つアルバムを歌詞中心に注意深く聞いて見ればリプレーボタンを押したい欲求が噴出する.耳にだけ伝達する楽しさを過ぎて,心までじいんと熱くなるようにする何かがあるからだ. 

★タプロが選んだ1番目アルバム : Nasの [Illmatic]

51NtzrWOjxL__SL500_AA240_.jpg
"'ヒップホップの詩人'と呼ばれるNasの初アルバム.単調なビートと歌詞を中心にするイーストコースト(アメリカ東部ニューヨーク中心) ラップの代表的アルバムとして評価を受ける."大衆的には成功することができなかったが,多くの人々がヒップホップ歴史上 'リリック(Lyric)'的に一番すぐれたアルバムだと評価しています.さらにニューヨーカーという雑誌には現在私たちが必要な話をしてくれる詩人という言葉も出たんです.ナスも他のラッパーたちのようにとても難しくて厳しい環境出身なのに,自分の周辺の風景を描きながら荒くありのまま見せてくれるよりは哲学詩的表現を活用してメッセージを伝達するミュージシャンです.メッセージに対する表現力がとてもすぐれて聞いていると映画を見るようです.私が一番最初に買ったヒップホップアルバムで,あのときからラップというのがしゃれる音楽ではなく音楽的にすぐれた音楽という事実を知ったんです.'The World is yours'という曲タイトル自体からも大きな勇気と希望を得たんですよ."


The World Is Yours - Nas


★タプロが選んだ2番目アルバム : Lauryn Hillの [Miseducation of Lauryn Hill]


"'The Fugees' 出身のLauryn Hillがソロデビューして出した 1998年作品.R&B 歌唱とラップをうまく消化する実力派."おそらくこのアルバムが正規アルバム式では初めであり終わりであるだろう.何より女性MCとして見せてくれるメッセージが明らかです.女性ラッパーが女性達にそのまま 'ガールズポップ'を先導するのではなく,曲たちを通じて実際に '教えてくれて' るんですよ.どうして女性が男に比べられるのか,私たち(女性)が何を自ら間違ったことをしているか説明して,女性たちに力を持ちなさいと自分を尊重しなさいと言っています.どのようにすればお互いを尊重する人間として愛するのか方法をよく表現しています.曲中に子供たちを連れてきて教える場面が出るのに,単純に教育的な音楽と言うよりは何か学校で学ぶことができないものなどを教えてくれる感じが強いです.Lauryn Hillは歌とラップが上手なミュージシャンだが,ヒップホップでソウルやレゲエの感じをよく交ぜ出すから黒人音楽をきちんとしていると思います."


Everything Is Everything - Lauryn Hill


★タプロが選んだ3番目アルバム : ソテジワアイドゥルの[渤海を夢見て]


"このアルバムを高く評価する理由は 1,2集が成功してこんなアルバムを作る必要がなかったが,ソテジワアイドゥルは強いメッセージがこめられたアルバムを作ったという点です.ビジネスより音楽を優先視したということを証拠するアルバムであるわけです.あの時曲が放送不可されることを見て真実を言うにも罵倒や阻む勢力がいるのだというのを感じました.あの時ソテジは放送代わりに公演に方式を変えて社会的に大きいインパクトと影響を及ぼしたでしょう.家事内容は私と同じ年齢世代たちの考え方を置き変えたようです.麻薬中毒に係わる歌である 'ジキル博士とハイド' のような曲は大衆歌謡でほとんど試みなかったメッセージですよ.純純性に対する話をする '子供達の目' のような曲は暖かいが,実は悲しい曲です.全体的には大衆の耳にあわない音楽なのに,荒いロックを持って来てそれを果敢に試みた点も拍手を浴びなければならないと思います."


교실 이데아 - 서 태지와 아이들


★タプロが選んだ4番目アルバム : Radioheadの [Ok Computer]


感性モダンロックの代表走者Radioheadが出した 1997年力作."すごく好きだったんです.このアルバムはどのように見てもメッセージを看破しにくいです.テクノロジーの社会で生きている人々の迷う感性をよく表出したと思います.ドットコム会社,シリコンバレー,インターネットなどで大混乱に陷った時代に対してRadioheadは批判ではなく,ドットコム会社,シリコンバレー,インターネットなどで大混乱に陷った時代に対してラジオヘッドは批判代わりに状況そのものの描写を通じて聞く人に'私たちはとてもさびしい時代に暮しているね'と悟らせてくれました.私は明るい音楽より憂鬱な感性の音楽やマイナー音楽を聞く時より共感する方だが,悲しい時代にこれらの悲しい音楽を聞きとても慰労になりました.このアルバムはロックアルバムだが,機械音やシンセサイザーを使ってロックとポップの間の境界を崩したんです.以後Radioheadは言うまでもなくエレクトロニカも試みたが,このアルバムをきっかけで彼らはロックをするのではなく音楽をするグループになりました."


Karma Police - Radiohead


★タプロが選んだ5番目アルバム : CB MASSの [Matics]


チェジャ,ゲコ,コビンで成り立った 3人組みヒップホップグループの 2001年作品.タプロはこれらの音楽のためヒップホップをするようになったと言った."この音楽を聞いて私が求めにいった.ヒップホップは外国音楽なので異国的な感じを出すのが重要だが,彼らのラップにはそれだけでなく本土的な韓国的情緒も一杯だったんです.私は3集にフィーチャリングしてデビューしたが,2集は国内ヒップホップアルバムの中で一番よく作ったアルバムだと思います.2集は歌謡界の問題点をひねる歌もあって,'跡' のように人生に対してむなしい感じを表現した曲もあります.タイトル曲 '口笛'は私の生の意味を捜してくれた曲でもあります.全般的に日常でよく見つけることができるテーマを面白く機知に富み,説得力をもって表現された曲が多かったです."


흔적 - CB Mass, 리채


★"疎外された人々の力になるメッセージをこめた歌を作るんです."

タプロはラジオプログラム司会者として,小説出刊などで音楽とは違う '浮気'の道を歩きながらも,ひまさえあれば曲作業に沒頭する熱血ミュージシャンだ.彼は "暇があれば時間の100%は曲を作るのに力を注ぐ"と言った.今年の活動も '音楽'に集中する計画だ.1年に一枚ずつ出したアルバムもプロジェクト的アルバムも含めて多くの枚数だす計画を推進中で,公演も路頭公演など大衆ともう身近に近付くことができる方法を模索している."2009年はエピックハイがもっと発展することができる年にしたいです.努力をたくさんして実力もつけて,音楽に対する愛ももっと豊かになりたいです.派手なスポットライトを受けながら成熟するのではなく,静かに音楽に沒頭することで成熟したいんですよ."

彼が選んだアルバムのテーマのように,タプロは '確固なメッセージ'がこめられた歌詞をこれからのアルバムにとかしこむつもりだ."いつからか決心したことですが,疏外された人々や苦しむ人々を完壁に理解することができなくても彼らの力になることができるメッセージをたくさんこめて歌わなければならないと思いました.それがミュージシャンの役目ではないでしょうか?"
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©こりえんぬ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。